留学・音ゲー・研究備忘録

heine98の音ゲー・研究・留学の記録

難乱は本当に正義か

弐寺においてよく推奨される練習方法として、☆9あたりから難乱常備でやっていくというのがある。先駆者は8割方それを推奨する(体感)。

CSやるならそれでいいかな。

でも、AC専には無理な話でしょう。1つ前にも書いたけど、九段上がるにはクリア余裕曲には乱付け練習は必須だと思う。でも挑戦レベルにはとりあえず正規易でやってでええやんって。

もちろん、譜面によっては乱の方が簡単になるものとかもあるし、俺もそうしたことはある(No.13穴とか青少年ノ為ノ~とか)。

ただ、正規は比較的押しやすいはずの配置であり、物量に馴れたかったらまずは押しやすい配置でやればいいじゃんって。

易とかノマゲしたら乱だけつけてやれば良いわけだし。

結局☆11に半分ランプが付いた今日でも、☆11は正規でほぼやってる。☆10には乱つけて練習してる。

挑戦段階でACで難乱つけてやったって全局即落ちして終わるのがオチだし、そんなんやる気なくなりますわ。

まあ、易正規から色んな道たどって難つけるのと、最初から難乱つけてクリア出来るのを目指すの、どっちが金かからないのかは知らないけどね。

もしかしたら、この持論が将来間違いだったと思う日が来るのかもしれないけど。